事件 事故 災害 犯罪

彡(゚)(゚)「ヤらせてぇや」

他サイトおすすめ記事

1 :名無しのこじまさん:2017/05/21(日)23:39:57 ID:jhK
女「ひっ…!」

彡(゚)(゚)「旦那とはご無沙汰なんやろ、ワイが相手したるさかい」

女「か、堪忍して!」タタタ

彡(゚)(゚)「…くそ、また逃げられた…、ワイが何をしたっていうんや」

彡(゚)(゚)「せめてワイが…ワイが結核やなかったら…」


7 :名無しのこじまさん:2017/05/21(日)23:43:50 ID:jhK
大正6年、彡(゚)(゚)岡山県苫田郡に生まれる

彡(゚)(゚)「おぁ、アッネ、お手玉上手いやんけ」

アッネ「やきうは私のお手玉好きか」

彡(゚)(゚)「大好きやで、いつまでも見てたくなるわ」


11 :名無しのこじまさん:2017/05/21(日)23:47:24 ID:jhK
アッネ「やきうは他の男の子と遊ばなくてええんか?」

彡(゚)(゚)「ええんや、アッネと遊んでるだけで十分や」

アッネ「嬉しいこと言うのぉ」

彡(゚)(゚)は姉と2人で遊ぶことが多かった 主導権は専ら姉で、お手玉といった女の子の遊びが中心だった


12 :名無しのこじまさん:2017/05/21(日)23:51:49 ID:jhK
役場の職員「ですから、やきう君は小学校に上がる年齢でして…」

バッバ「やきうは学校に行かんと自分で言っとるんじゃ、しょうがないやろ」

職員「そう言われましても…」

バッバ「それにわしの可愛い孫じゃ、片時も離れたくない」

職員「…」

バッバ「せめて、あと1年待ってくれんやろか」

大正13年、1年遅れて彡(゚)(゚)尋常小学校に入学


17 :名無しのこじまさん:2017/05/21(日)23:54:31 ID:jhK
彡(゚)(゚)「バッバ!この成績表見てくれ!」

バッバ「おお、修身が9、算数が10…やきう、ほんまに頭がええのぅ」

彡(゚)(゚)「バッバが喜んでくれるならなんぼでも勉強するで!」


22 :名無しのこじまさん:2017/05/21(日)23:58:45 ID:jhK
先生「最近、やきうが休みがちやな…」

先生「病気での欠席が55日…、さすがに休みすぎちゃうか」

先生「仕方ない、いっぺんやきうの家に様子見に行くか」

先生「ん?笑い声が聞こえる…」

バッバ「やきうの話は面白いわ」

彡(^)(^)「おう、じゃあ次は…」

先生「やきう、何をしとるんじゃ!」

彡()()「ファッ!?」

先生「お前風邪で寝込んでるんちゃうかったんか!」


29 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:09:17 ID:WXx
バッバ「わしのやきうを怪我させたのはどいつじゃ!」バーン

男「な、なんや血相変えて」ビク

バッバ「やきうはわしの家の大事な跡取りじゃ!
    今度似たような真似したら承知せんぞ!!」

男「は、はい」ビクビク

彡(゚)(×)「バッバ…」


38 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:13:19 ID:WXx
彡(゚)(゚)「バッバ!ワイ級長になったんや!」

バッバ「級長…!?ほんまにようできた孫ややきうは」

バッバ「せや、こうしちゃおれん!近所に知らせて回るで!」ダッ

彡(゚)(゚)「バッバそこまでしたら恥ずかしいで」

バッバ「赤飯も炊かんとな!村中で祝うで!」


49 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:16:05 ID:WXx
彡(゚)(゚)「鬼熊事件…?えらいでかでかと載ってるな」

彡(゚)(゚)「バッバ、これはどんな事件なんや」

バッバ「これは可愛いそうじゃのぅ」

彡(゚)(゚)「…?」

大正15年、鬼熊事件発生


56 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:18:24 ID:WXx
彡(゚)(゚)「この少年倶楽部って本、なかなか面白いやんけ」

彡(゚)(゚)「アッネ、これ5冊買うで」

アッネ「せっかく露天出てるのに、お面もコマもいらんのか?」

彡(゚)(゚)「いらん、これだけでええ」


62 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:21:29 ID:WXx
彡(゚)(゚)「アッネ、そっちの少女倶楽部読ませてや」

アッネ「えぇ…、少年倶楽部は?」

彡(゚)(゚)「隅々まで読みきってしもた、はよ見せてや」

アッネ「私もまだ半分しか呼んでないのに…しゃぁないな」


68 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:23:58 ID:WXx
彡(゚)(゚)「あ、あの!」

女の子「なに?」

彡(゚)(゚)「こ、これ!」ガサッ

女の子「この紙なんやの?」

彡(゚)(゚)「帰って開けたらわかる!ほな!」ダッ

女の子「えぇ…」


73 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:27:27 ID:WXx
女の子「いきなり紙渡してさっさと走っていったけど…なんやろ一体」

女の子「…」ピラ

女の子「へー、綺麗な絵…やきう君が描いたんかな」

女の子「あれ…下に何か書いてある」

○○ちゃんの肖像

女の子「私の名前…?」

ワイは○○ちゃんが好きです

女の子「やきう君…」クス


83 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:30:36 ID:WXx
先生「すいませーん」

アッネ「あ、やきうの先生…どうされたんですか?」

先生「いや…これを届けに来たんですよ」

アッネ「これ…もしかしてやきうが描いた絵?」

先生「私は別に怒ってるわけじゃないんです…ただお姉さんには温かく見守って欲しいんです」

アッネ「わかりました…」


98 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:35:16 ID:WXx
昭和6年、彡(゚)(゚)高等科2年

先生「やきう、お前なかなか好成績やないか」

彡(゚)(゚)「勉強は好きなんで」

先生「どや、進学してみる気はあるか?」

彡(゚)(゚)「!」

先生「これだけ頭がええし、百姓で終わらすのはもったいないと思わんか?」

彡(゚)(゚)「実は…ワイもそう考えてました」

先生「一度家族に話してみてくれんか?」

彡(゚)(゚)「はい」


109 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:39:42 ID:WXx
彡(゚)(゚)「バッバ…」

バッバ「どないしたやきう?」

彡(゚)(゚)「ワイ…進学したいんや」

バッバ「!?」

彡(゚)(゚)「この学校に行きたいんやが…」ピラ

バッバ「…」フルフル

彡(゚)(゚)「バッバ…?」

バッバ「なにを言うとるんや!!」

彡(゚)(゚)「…」ビク


118 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:42:39 ID:WXx
バッバ「アッネもいずれは嫁に行くんやぞ!これ下宿することになるんちゃうんか!」

彡(゚)(゚)「そ、そうやけど…」

バッバ「わしをこの家にひとりにする気か!大事な跡継ぎやゆうたやろ!!」

彡(゚)(゚)「ワイは百姓するつもりはないんや!わかってくれ!」

バッバ「いーや聞かん!!」

アッネ「…」ハラハラ


120 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:45:20 ID:WXx
彡#(゚)(゚)「…」モグモグ

バッバ「…」モグモグ

アッネ(飯が美味しくない…)モグモグ

バッバ「…ごちそうさん」ガタ

彡#(゚)(゚)「…」

バッバ「…」ピシャ

バッバ「…うっうう…」シクシク


124 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:48:43 ID:WXx
翌日

先生「おうやきう、どや、話はつけてきたか?」

彡(゚)(゚)「…」

先生「どうした?」

彡(゚)(゚)「…進学の話、なかったことにしてもらえませんか」

先生「え!?なんや一晩でころっと心変わりして…」

彡(゚)(゚)「やっぱりバッバに寂しい思いさせたくないんで…」

先生「そ、そうか…それは仕方ないな」


127 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:52:33 ID:WXx
昭和7年

アッネ「縁談か…」

バッバ「お前ももう19や、そろそろ考えてみんか」

アッネ「…」

バッバ「わしはお前の嫁入り姿を見るのが楽しみなんじゃ…
    ひ孫の顔も見たいと思うとる…」

アッネ「…!」

アッネ「…わかった…、話だけは聞いてみるから」


129 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:54:30 ID:WXx
彡(゚)(゚)「…」

アッネ「…?どうしたやきう、さっきまで部屋に閉じこもっとったのに」

彡(゚)(゚)「…反対や」

アッネ「え?」

彡(゚)(゚)「ワイはアッネが嫁に行くのは反対や!!」

アッネ「!?」


133 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:56:51 ID:WXx
バッバ「なに言うとるんや、姉の嫁入りが嬉しくないんか!」

彡(゚)(゚)「なにが嫁入りじゃ!ワイはなにがなんでも認めんで!!」

アッネ「やきう!我侭言わんといて!」

彡(゚)(゚)「嫌なもんは嫌じゃ!!」


139 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)00:59:22 ID:WXx
後日

アッネ「や、やきう…」コンコン

彡(゚)(゚)「…なんや」ガラッ

アッネ「…縁談は断ったから」

彡(゚)(゚)「!?ほ、ほんまか!?」

アッネ「私はずっとこの家におる、どこにも行かん、やから機嫌直してや」

彡(゚)(゚)「…」コクコク


140 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:02:14 ID:WXx
アッネ「せやけどな、やきうもいつまでも閉じこもってないで外に出ないかん」

彡(゚)(゚)「…」

アッネ「人付き合いもちゃんとしてや、でないと不健康なままやとまた病気になるで…」

彡(゚)(゚)「…わかった」


142 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:05:09 ID:WXx
昭和8年

アッネ「また縁談が来たんか…」

アッネ「ここから近い村の長男か…まあ悪くないけど」

アッネ「前に来たときのことがあるし…やきうには感付かれない様にせんと…」

彡(゚)(゚)「どないしたアッネ」

アッネ「あ、いやその…」

彡(゚)(゚)「隠さんでもええ、縁談やろ?」


144 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:09:32 ID:WXx
彡(゚)(゚)「ワイのことは気にせんでえぇ、嫁に行ってきいや」

アッネ「!?や、やきうはそれでええんか?」

彡(゚)(゚)「アッネはべっぴんや、まあもっとええところに嫁げると思うけどな」

アッネ「もっとってどこや」クス

彡(゚)(゚)「大学出とかな、岡山の大学出の男に嫁ぐお嫁さんもなかなかええで」

昭和9年、彡(゚)(゚)のアッネは結婚した


146 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:13:43 ID:WXx
彡(゚)(゚)はアッネが嫁いでから孤独になった

(´・ω・`)「やきうのお兄ちゃん、また面白いお話聞かせてよ!」

彡(゚)(゚)「ええで、今度は本格冒険モノはどうや?」

彡(゚)(゚)は家にこもうがちになっていたが、子供たちには気さくで、
当時の少年誌、少年倶楽部、キング、富士に掲載されていた物語を
子供たちにわかりやすく直し、その話術も巧みで子供たちから好評だった


149 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:17:55 ID:WXx
バッバ「アッネ、久しぶりじゃのう」

アッネ「うん、里帰りしに来た…やきうの様子はどうや?」

バッバ「…相変わらず部屋にこもってるで」

アッネ「そうか…真面目に青年会の集まりに出てるかと思ったけど…」

アッネ「ちょっと見てくるわ」トントン

アッネ「やきう?」コンコン

彡(゚)(゚)「アッネか、元気そうやな」ガラ


150 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:20:36 ID:WXx
アッネ「あんた、最近外に出てる?」

彡(゚)(゚)「当たり前やんけ」

アッネ「にしては顔色がいいようには見えんけどな」

彡(゚)(゚)「…」

アッネ「バッバから聞いたで、たまに外に出たと思ったら
    子供相手に遊んでばかりなんやろ?」

彡(゚)(゚)「あ、遊んでないし…」

アッネ「バッバの気持ち、考えたことあるんか?」

彡(゚)(゚)「…」


151 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:24:49 ID:WXx
アッネ「バッバもあの歳や、やきうが畑仕事せんでどうするん?」

彡(゚)(゚)「昔から百姓は嫌いやゆうたやろ」

アッネ「やからって家でごろごろするのがええと思ってるんか」

彡(゚)(゚)「…ワイはな、会社勤めか官吏になりたかったんや、やけどバッバがそれを許してくれん」

彡(゚)(゚)「何もかもバッバが悪い…ワイは悪くない!」

アッネ「…」

バッバ「すまんなぁやきう…わしのせいで…」


152 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:29:23 ID:WXx
彡(゚)(゚)「ワイは今小説家になろうと思うんや」

アッネ「…私はやきうがどんな仕事に就いても別に文句は言わん…、
    やけどバッバに迷惑かけたらあかん」

彡(゚)(゚)「…」

この頃、彡(゚)(゚)は「雄図海王丸」という自作小説を友人に読ませていた


153 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:33:58 ID:WXx
ある日、津山市内

彡(゚)(゚)「ん?あれは…」

トッモ「誰かと思ったらやきうやないか!」

彡(゚)(゚)「トッモ、久しぶりやな」

トッモ「その包みはどうしたんや?」

彡(゚)(゚)「ワイ、専検受けて教師になろうと思うんや」

トッモ「ほー、やきうの頭なら難なくなれるで」

彡(゚)(゚)「そこまで言われると照れるな」

トッモ「ところで…あの写真持ってるか?」


155 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:36:37 ID:WXx
彡(゚)(゚)「写真って…前にお前がワイに売りつけたこの女の裸の写真か」ヒラ

トッモ「おーそれやそれ!で、あっちのほうはどうや?」

彡(゚)(゚)「あっち?」

トッモ「とぼけんでええ、童貞は捨てたんか?」

彡(゚)(゚)「…!」ドキ

トッモ「どうなんや?」

彡(゚)(゚)「ま、まだやけど…」ゴニョゴニョ


156 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:40:40 ID:WXx
トッモ「なんや、まだやったんか」

彡(゚)(゚)「は、恥ずかしいこと言わすなや」

トッモ「それなら俺にいい考えがある、付いて来い」

彡(゚)(゚)「…?」



トッモ「で、こいつが俺の言ってたやきうや」

女「へえ、この子が…」

彡()()「は、はひ…」ガクガク

トッモ「そんなに緊張しなさんなや」

彡()()「わ、ワイは女に免疫がないんや」ガタガタ


159 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:44:33 ID:WXx
トッモ「女、頼みがある。こいつの童貞卒業させてやってくれんか」

彡(゚)(゚)「ファッ!?」

女「ええよ」

彡;(゚)(゚)(なんやどんどん話が進んでいくんやけど…)

女「そんなに固くならんでええよ、すぐに慣れるから」

彡;(゚)(゚)「は、はい!!」

トッモと出向いた大阪の風俗街の宿で、彡(゚)(゚)は筆おろしされた


160 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:50:21 ID:WXx
彡(゚)(゚)「なんや最近微熱が治まらんな…疲れやすいし」

彡(゚)(゚)「一応病院に言って診てもらうか…」

医者「肺尖カタルやね」

彡(゚)(゚)「肺…尖…?」

医者「しばらく野良仕事は休まなあかんで、まあよく食べて、
   適当に散歩すれば治るやろ」

彡(゚)(゚)(ほんまかいな…)

医者「とりあえず1週間分の薬出しとくで」

彡(゚)(゚)(ワイが…肺尖…)


162 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:54:13 ID:WXx
昭和11年、彡(゚)(゚)20歳

彡(゚)(゚)「お、なんやえらい事件が起きたみたいやな」

彡(゚)(゚)「阿部定事件……これは興味がそそられるで」

彡(゚)(゚)「この事件の記事が載った新聞が欲しいな…よし、自転車で街まで買いに行くで」


164 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)01:58:46 ID:WXx
彡(゚)(゚)「…」

女「…」スタスタ

彡(゚)(゚)「おい」

女「な、なんや?」

彡(゚)(゚)「ワイとええことせんか?」

女「馬鹿言わんといて、うちは人妻やで」

彡(゚)(゚)「だからええんやないか」ニヤリ

女「ちょ、ちょっと…」

彡(゚)(゚)「な、気持ちいいことしたいやろ?」ズイ

女「…一回だけやで?」

この夜這いが成功した後、彡(゚)(゚)は村の女性に次々と肉体関係を迫るがいずれも失敗に終わる


168 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:03:32 ID:WXx
昭和12年、大阪

トッモ「やきう、遠路はるばるやな」

彡(゚)(゚)「で、あれは用意してるんやろな」

トッモ「勿論やで、やきうが喉から手が出るほど欲しいもんやろ」ゴソゴソ

トッモ「これや」スッ

彡(゚)(゚)「これが…あの阿部定の自供調書…」ゴク

トッモ「これをやくざの兄貴分に一冊50円で売れって頼まれてな」

トッモ「3冊渡されて、2冊はもう売ったんやけど」


171 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:07:21 ID:WXx
彡(゚)(゚)「それ、ワイに売ってくれんか」

トッモ「残念やけどもう買い手が付いてるんや」

彡(゚)(゚)「なんやと」

トッモ「どうしてもって言うんやったら、10円で写させてやるで」

彡(゚)(゚)「は、払う!やから写させてくれ頼む!」

トッモ「えらい必死やな」

阿部定の絞殺した際の供述を書き写した彡(゚)(゚)は満足げだった


172 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:12:24 ID:WXx
女「なんやの話って」

彡(゚)(゚)「あんた、旦那がおるのに他の男と関係持ってたやろ」

女「!?」

彡(゚)(゚)「証拠はあるんやで、現場もばっちり見てたからな」

女「…」

彡(゚)(゚)「バラされたくなかったら…分かってるやろな」

女「…あんたの相手をすればええんか」

彡(゚)(゚)「理解が早くて助かるわ」

彡(゚)(゚)は村の男女関係を把握し、夜這いの現場を見て、女性にそれをネタに脅迫、関係を持っていった


175 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:16:59 ID:WXx
銀行員「今日はどうされました?」

彡(゚)(゚)「ワイは畑持ってるんやけど、牛も欲しくなってな」

銀行員「借り入れ、ということでよろしいですか?」

彡(゚)(゚)「せや、畜牛の購入に必要やから頼むで」

彡(゚)(゚)はやきうの家が持っている土地すべてを担保に400円の現金を受け取った
しかしそれは結核の治療費に使うための嘘だった


176 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:21:26 ID:WXx
彡(゚)(゚)「ワイは医者を信じてない…」

彡(゚)(゚)「あらゆる方法を試してみた…」

彡(゚)(゚)「牛の血を飲んで腹も壊したし、石油を飲んで下痢にもなった」

彡(゚)(゚)「結核に関するあらゆる本を読んでやってみた…!」

彡(゚)(゚)「やけどなにも変わらんかった…!」

彡(゚)(゚)「なんで…なんでワイがこんな目に遭わなあかんのや…」


177 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:25:04 ID:WXx
彡(゚)(゚)「ほう、徴兵か…」

彡(゚)(゚)「小説家もええけど、お国のために働くのもやりがいがあってえええかもしれん」

彡(゚)(゚)「よっしゃ受けたろ!」

軍医「…」

彡(゚)(゚)「先生、ワイの体どうでっか?」

軍医「結核やな」

彡()()「」


180 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:29:01 ID:WXx
彡(゚)(゚)「う、嘘やろ?冗談やろ?結核なわけない!もいいっぺんよく診てくれ!」

軍医「貴様!口の利き方に気をつけろ!!」

彡(゚)(゚)「ひぇっ…」

軍医「貴様は帝国陸軍の軍医を疑うのか!貴様は結核と診断された、
   そんな体で兵隊が務まるか!!」

彡()()「」


183 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:32:19 ID:WXx
彡()()(兵隊になるのが男子としての誇り…)

彡()()(それに合格できんということは死も同じ…)

彡()()(そういやパッパもマッマも結核で死んだ…)

彡()()「ワイも…このまま死ぬんやろか…」


185 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:38:09 ID:WXx
彡(゚)(゚)「ちょっと来てくれや」

女「なんやの一体」

彡(゚)(゚)「…」ガバッ

女「!?」

彡(゚)(゚)「あんた、○○のおっさんと寝たんやろ?」

女「な!?」

彡(゚)(゚)「ワイは口が固いから安心せぇ…、
     黙っておくからその代わり…な?」

女「誰から聞いたんやその話、なあ?言うてみぃや」

彡(゚)(゚)「え?」


186 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:44:41 ID:WXx
女「あんた徴兵に落ちたんやろ、結核のせいで…、
  それやったら早く病気治して野良仕事でもなんでもして働くのが男やろ」

女「やのにあんたはろくに仕事せずぶらぶらして、挙句に私にまで手を出すなんて
  何事や!私には亭主がおるんや、人妻に手を出すのがどんだけのもんか、
  わかってるか?」

女「ほんまにあんたは恥知らずや、情けない男やで。
  どう言い訳しようが強姦やからな、駐在所に知らせるで。
  このままほっといたら何するか分からんからな」

彡()()「す、すまん!許してくれや!やから、どうにか駐在所には!」ドゲザ


189 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:48:11 ID:WXx
彡#(゚)(゚)「あんのクソアマ…村中に言いふらしよった」

彡#(゚)(゚)「結核で前々から遠ざけられとったけど、
      ますます皆がワイを白い目で見てくる…」

彡#(゚)(゚)「許さんぞアバズレども…絶対に後悔させたる」


190 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)02:57:06 ID:WXx
津山市内の鉄砲店

店員「なにをお求めでしょう?」

彡(゚)(゚)「猟銃を一丁、2連装のやつを頼む」

彡(゚)(゚)は猟銃を75円で購入、同年10月乙種猟銃免許を取得
なお理由について
「結核を患い労働は禁じられているが、国家の非常時にぶらぶらするのも
 体裁が悪いので、兎などを仕留めて自給自足をし、健康が回復した暁には
 直ちに入隊し、戦地で一人でも敵兵を倒せるように射撃の腕を磨きたい」
といった旨の説明をしている


195 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:04:06 ID:WXx
彡(゚)(゚)「ええもんを手に入れたで」

彡(゚)(゚)「ただこれはぶっ放すためのもんやない」

彡(゚)(゚)「これを見せびらかしておけば女は無闇にワイの噂を
     流すこともなくなるやろ」

彡(゚)(゚)「さらにこれで脅しておけばいくらでもワイの好きに出来る」

彡(゚)(゚)「ワイに逆らうモンもいなくなるやろ」


200 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:08:48 ID:WXx
彡(゚)(゚)「うーん、この銃もええけど新品が欲しいな」

彡(゚)(゚)「おっさん、結核療養所に入りたいからその費用を借りたいんや」

金貸し「療養所に?」

彡(゚)(゚)「せや、療養所の案内もあるで」ヒラヒラ

金貸し「ほうか、じゃあ抵当に入れる物件調査してから貸すで」

彡(゚)(゚)(まぁ猟銃手に入れるための嘘やけどな)


202 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:12:16 ID:WXx
神戸市内の鉄砲店

店主「新品を?」

彡(゚)(゚)「この12番口径5連発ブローニング猟銃が欲しいんやけど」

店主「これは190円やで」

彡(゚)(゚)「しまった…持ち合わせがないで」

彡(゚)(゚)「すまんけど代金引換で送ってくれんか」

店主「しゃあないな」


203 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:17:05 ID:WXx
彡(゚)(゚)「さて…こっちに帰ってきてブローニング猟銃も手に入った」

彡(゚)(゚)「まずはこれを5連発式から9連発式に改造や」

彡(゚)(゚)「火薬と薬莢もある…この材料で猛獣用実砲(ダムダム弾)を作るで」

彡(゚)(゚)「完成が楽しみや」カンカンカン


208 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:23:37 ID:WXx
彡(゚)(゚)「よし…猟銃の改造も終わった」

彡(゚)(゚)「この銃で山にこもって練習するで」

彡(゚)(゚)「幸い盧溝橋事件が起きてから中等学校の軍事教練で演習真っ盛りや」

彡(゚)(゚)「銃声が聞こえてきてもその演習の一環やと思って誰も疑わんから好都合や」

彡(゚)(゚)「さて出来栄えはどうやろか」カチャ

ドーン

彡(゚)(゚)「悪くないで」ニヤ


209 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:30:29 ID:WXx
彡(゚)(゚)「静かにせぇや!」

女1「嫌、嫌や…!」バタバタ

彡(゚)(゚)「これが見えんのか?」猟銃

女1「…!」

彡(゚)(゚)「おとなしくせい」

女1「うぅ…」



彡(゚)(゚)「なぁなぁこの間まで仲良くやってたやろ」

女2「知らん!もううちに関わらんといて!」

男「俺の嫁に何してるんじゃ!」

彡(゚)(゚)「邪魔するな!ぶち殺したろか!」


210 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:36:04 ID:WXx
バッバ「た、助けてくれ!」

男「どうしたんじゃ騒がしい」

バッバ「わ、わしの、わしの息子がわし味噌汁に毒を入れたんじゃ!」

男「!?」

この騒ぎで警察が家宅捜索したところ、日本刀、散弾311発、雷管126発をはじめとする
おびただしい数の武器を押収、彡(゚)(゚)の猟銃免許も取り上げられた


212 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:41:43 ID:WXx
巡査「物騒なこと考えんと、もっと真面目に働かなあかんで」

彡(゚)(゚)「…」

巡査「君は若いんやからなんでも出来る。おばあさんも心配してるで」

彡(゚)(゚)「…はい」

巡査「もうこんなことしたらあかんで」

彡(゚)(゚)「…」



彡(゚)(゚)「」ニヤリ


214 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:49:00 ID:WXx
昭和13年、大阪

彡(゚)(゚)「トッモ、七首を手に入れたいんやが」

トッモ「七首?」

彡(゚)(゚)「日本刀は大体集めた、次は七首に興味があってな」

トッモ「まあなんとかしてみる」



トッモ「なんとか七首はあったで」

彡(゚)(゚)「すまんな」

トッモ「9円でどうや」

彡(゚)(゚)「これでええわ」10円札

トッモ「じゃあ1円お釣りやな」

彡(゚)(゚)「それは手数料としてお前にやる」

トッモ「そうか」

トッモが彡(゚)(゚)に会ったのはこれが最後だった


218 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)03:55:37 ID:WXx
彡(゚)(゚)「数回大阪や神戸に行って改めてブローニング銃も手に入れた…、
     これで大方の武器は揃った」

彡(●)(●)「もうすぐや…ワイをコケにした奴等をこれで…」

彡(●)(●)「見とれよ…阿部定みたいなどでかいことやったる」ニヤリ


224 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:02:21 ID:WXx
女1「なあ…最近やきうが怖くて仕方ないんや」

女2「前から気味悪かったやろ、猟銃担いで歩き回ったり」

女1「噂やとなんか恐ろしいこと企んでるって聞いてるで…なぁ、
  このままやと危ないから一緒に京都にでも逃げへん?」

女2「心配ないって、まさか殺されるほど憎まれてることはないやろ」

女1「…」

事件直前に女1の一家は危険を察知して村を出た


227 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:10:09 ID:WXx
事件発生前日、5月20日

彡(゚)(゚)「…」キーコキーコ

男「あれやきうやないか?」

女「さっきから自転車乗って村役場とここを行ったり来たりしてるで」

男「何考えてるかわからんなぁ」

女「今に始まったことやないやろ」

彡(゚)(゚)「…」キーコキーコ

ピタッ

彡(゚)(゚)「役場の隣には駐在の詰所がある」

彡(゚)(゚)「騒ぎを聞いて村の奴等が走って詰所に助けを求める時間は…こんなもんか」

彡(゚)(゚)「これを計算に入れないとあかんな」


232 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:18:34 ID:WXx
彡(゚)(゚)「さて…最後の仕上げや」

彡(゚)(゚)「暗くなってきたし今しかない」

彡(゚)(゚)「あれが変圧器のある電柱やな」

ヨジヨジ…

彡(゚)(゚)「ふう、やっと登ったで」

彡(゚)(゚)「導線は…これやな」ググ…

バチン

彡(゚)(゚)「切ったで…これでこの一帯は停電や」

彡(゚)(゚)「このあたりの集落じゃ停電は日常茶飯事や」

彡(゚)(゚)「誰もまさかワイが切断したと思わんやろ」

彡(゚)(゚)「これで闇に紛れて計画を実行できるし、
     電話も繋がらんんから助けを呼ぶにも時間はかかる」

彡(●)(●)「ワイはやったるで…ワイを怒らせたらどうなるか…思い知らせたる」


234 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:26:29 ID:WXx
昭和13年、5月21日

バッバ「…」スー…スー…

彡(゚)(゚)「バッバは…寝たみたいやな」

彡(゚)(゚)「…」ゴソゴソ

彡(゚)(゚)「学生服を着るのも何年ぶりやろか」

彡(゚)(゚)「このゲートルも全然使わずじまいやったから新品同様やで」グッ

彡(゚)(゚)「さてこれを忘れたらアカンな」懐中電灯

彡(゚)(゚)「これを二本頭に括り付けて…」ギュッ

彡(゚)(゚)「よし、これで暗闇でも前が見えるで」

彡(゚)(゚)「猟銃の弾も入れた…準備万端や」


237 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:32:16 ID:WXx
バッバ「…」

彡(゚)(゚)「バッバ…ほんまに堪忍やで」

彡(゚)(゚)「生きてたら後ろ指さされて辛い仕打ちもあるやろう」

彡(゚)(゚)「やから……これは仕方ないんや」

彡(゚)(゚)「…許してや」斧

彡(゚)(゚)「…」グ…

バッバ「…」

彡(゚)(゚)「…!!」

ブンッ

グチャッ

バッバ「」ゴロン

彡()()「はあ…はあ…」


240 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:34:59 ID:WXx
彡(゚)(゚)「これでもう…あと戻りできんのやな」

彡(゚)(゚)「…」タッ

クルッ

彡(゚)(゚)「…この家とももうお別れやな」

彡(゚)(゚)「っ…」ダダダ


243 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:40:00 ID:WXx
彡(゚)(゚)「さて…まずは隣の家の女Aやな」

彡(゚)(゚)「何度か夜這いして間取りは知り尽くしてる…あそこで寝てるな」

彡(゚)(゚)「…」スー…

彡(゚)(゚)「すぐに猟銃を使ったら気付かれるな…日本刀を使うで」チャキ

女A「…」グー

彡(●)(●)「」ヒュッ

ザシュッ

彡(●)(●)「」ザクッザクッ

彡(●)(●)「…口にも刺したろか」

ザシュッ


244 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:42:50 ID:WXx
彡(゚)(゚)「子供が隣で寝てるな」

子供A「…」グー

子供B「…」グー

彡(●)(●)「」ヒュッ

ザクッザクッ


245 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:47:07 ID:WXx
タッタッタッ

彡(゚)(゚)「さて…この家にはあの憎き女Bがいるな」



女B「…」グー

彡(゚)(゚)「猟銃でふっ飛ばしたる」カチャ

グッ

彡(●)(●)「…死にさらせ」

ドンッ


247 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:49:40 ID:WXx
ここからちょっと端折っていくで


248 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)04:55:47 ID:WXx
老婆A「…」ガタガタ

彡(゚)(゚)「ばあさん」

老婆A「はひ!」

彡(゚)(゚)「元々恨みはなかったんやけどな、仕方ないんや」

老婆A「た、頼む、ここはこらえてくれんか」

彡(゚)(゚)「ばあさん、顔上げや」グイ

老婆A「…」フルフル

彡(゚)(゚)「じゃあな」

ドン

老婆A「…」ドサ

この老婆Aは猟銃で撃たれたものの、一命を取り留めている


250 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:03:17 ID:WXx
彡(゚)(゚)「女C!出てこいや!」ドンドン

男A「お前、外に助けを求めてこい」

子供C「わかった…」コク

子供C「…」ガラ

ソー…タタタ

彡(゚)(゚)「!」ギロ

子供C(気付かれた…!?)


251 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:08:04 ID:WXx
彡(●)(●)「」ダダダ

子供C(怖くて後ろを振り向けないけど、多分追って来てる!)ゾク

子供C「!あそこに竹薮がある!そこに隠れよう!」ダッ

ガサガサ

彡(●)(●)「逃げると撃つで小僧!!」ガサッ

子供C(どうかっ見つかりませんように…!)ガタガタ

彡(●)(●)「…ちっ」

タッタッタッ

子供Cは竹薮で息を潜めて難を逃れた


253 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:18:15 ID:WXx
彡(゚)(゚)「邪魔するで」

老人A「…」チラ

彡(゚)(゚)「…」

老人A「…」フイ

彡(゚)(゚)(なんやこいつ…銃を持ってるのに落ち着いてるな)

彡(゚)(゚)「ワイは年寄りでも容赦なく撃つで、
     本家のじいさんもやったからな、どうしたろうか」グイ

老人A「…」ジッ

彡(゚)(゚)「…」

彡(゚)(゚)「…お前はわしの悪口を言わんかったから堪えたるわ」

老人A「…」

彡(゚)(゚)「やけどワイが死んだらぼろくそに言うんやろな」ニヤ

老人A「…」

老人Aとその長男Aは懇願の末彡(゚)(゚)に見逃してもらった


255 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:33:36 ID:WXx
駐在所

男B「大変じゃ、大変じゃ!」タッタッタ

ドンドンドン

男B「駐在さん、起きてくれ!」

駐在「なんじゃなんの騒ぎや」ゴロン

男B「一大事じゃ、人殺しじゃ!!」

駐在「!?」ガバッ

男B「早く来てくれ!」

駐在「やきうがやったんか!?」

男B「」コクコク

駐在「…あの馬鹿!動向が気になっとったけど…、まさか本当にやらかすとは!」

駐在「…」電話ジーコジーコ

ジリリリッ

駐在「警部補さんですか!事件です、人殺しです!
   私が隣町の巡査にも連絡します、あと医者の手配もこちらでしますので!」チン

駐在「おいお前!」

駐在の妻「は、はい!」

駐在「この非常事態を知らせるんや!
   村中の半鐘を鳴らすように皆に伝えろ!俺は男Bと村に向かう!」
   


258 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:41:05 ID:WXx
彡(゚)(゚)「今晩は、今晩は」スタスタ

老人B「!?」ビクッ

彡(゚)(゚)「じいさん、震えてる場合やない、
     紙と鉛筆はないか?どうしても急いでるんや、
     警察がワイを追ってきてるんでな」

老人B「」コクコク

孫「…」

彡(゚)(゚)「おう、君か」

彡(゚)(゚)「じいさんやと時間がかかる、紙と鉛筆持ってきてくれ」

孫「…」コク


259 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:44:53 ID:WXx
孫「これ」紙と鉛筆

彡(゚)(゚)「おう、すまんな」

彡(゚)(゚)「…」チラ

老人B「…」ビク

彡(゚)(゚)「なんぼワイでも罪のない奴は撃たん、心配せんでええ」

孫「…」

彡(゚)(゚)「…」スッ

ナデナデ

彡(゚)(゚)「君はワイとは違う…」

彡(゚)(゚)「うんと勉強して偉くなるんやで」

孫「…」コク

クルッ

彡(゚)(゚)「…」タッタッタッ


260 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:53:50 ID:WXx
山頂

彡(゚)(゚)「…ここでええやろ」ザッ

彡(゚)(゚)「ここからやと村全体が見渡せるな」

彡(゚)(゚)「ワイの家はあのあたりで…あの屋根がそうやろか」

彡(゚)(゚)「…まぁ、もう関係ないことやけどな」



彡(゚)(゚)「さて…遺書も書いた」

彡(゚)(゚)「両手で銃身持って…足の親指を引き金にかけて…」カチャ

彡(゚)(゚)「これで一発で死ねるな…」

彡(゚)(゚)「アッネ…ひとり残されて大変やろうけど、許してや」

彡(゚)(゚)「ほな……」グッ

ドーン…


261 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:57:52 ID:WXx
こうして死者30人を数える昭和に名を残す前代未聞の惨劇は幕を閉じた

後にこの事件をもとに横溝正史が「八つ墓村」を執筆することになる

終わり


263 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)05:58:55 ID:DU0
犯人の行動ルートやで
I9IuUaJ


266 :名無しのこじまさん:2017/05/22(月)06:04:04 ID:WXx
事件発生の5月21日に終わらせたかったけど思ったより長くなったで…
というか事件発生から80年の節目って来年やったんやな、書いてる途中で気付いたで
(そのつもりで書いてて恥ずかしかった)
あと事件までの経緯はもう少し省略して被害者の詳細に力入れるつもりやったけど
諦めた まぁそこはwikiとかで補完してや


1001 :名無しのこじまさん: ID:kojimasan
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1495377597/


関連記事

  1. 事故は怖いよgif画像
  2. 無期懲役囚「する事ないから筋トレしまくった結果wwwwwwwww…
  3. 市橋達也の逃亡生活で打線組んだwwwwww
  4. 【悲報】秋葉原通り魔事件の犯人、加藤智大 の言葉が胸に刺さると話…
  5. 【画像】女子刑務所の食事がこちらwwwwwww
  6. 市橋達也が 逃走初日にやったことwwwwwwww
  7. 彡(●)(●)「ワイを虐めた奴らに復讐や…同窓会開いて毒ビールと…
  8. 葬儀屋のワイがこの仕事できついと思ったこと書き起こすンゴ

コメント

    • どこかのこじまさん
    • :2017/06/18(日) 16:02:10

    1で「ああ津山か」とわかった
    逆恨み怖杉内

    • どこかのこじまさん
    • :2017/06/20(火) 15:01:55

    文才あるで

    • どこかのこじまさん
    • :2017/12/1(金) 20:04:55

    普通にすごい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

彡(^)(^)「ネッコと顔入れ替えて遊んだろ!」

1 :名無しのこじまさん:2018/02/19(月) 23:00:39.93 ID:2CrVXHoN…

【画像】洗濯したら納豆(3パック)入ってたwwwwwww

1 :名無しのこじまさん :2018/02/18(日) 14:20:59.590 ID:/ERSix…

イタズラ系のgif集合wwwwwwwwwww

1 :名無しのこじまさん :2018/02/17(土) 13:50:25.862 ID:Ce5nur…

【画像】男女の違い画像くれ

1 :名無しのこじまさん :2018/02/15(木) 21:43:38.301 ID:No/zX8…

日本史の教科書3大名言「どうだ明るくなつたろう」「堂々退場す」

1 :名無しのこじまさん:2018/02/11(日) 08:30:48.82 ID:5u4Pumom…

【悲報】ワイ、サバ缶工場社員、大釜にぶちこまれる(1日ぶり2回目)

1 :名無しのこじまさん:2018/02/11(日) 08:03:19.63 ID:cZlKXwqG…

【悲報】ワイ、大卒なのにスーパーに就職

1 :名無しのこじまさん:2018/02/10(土) 09:16:28.87 ID:OObdY8kS…

江戸時代の男の娘、改め婆とかいうババアに股間を検閲されていた

1 :名無しのこじまさん:2018/02/05(月) 01:26:20.96 ID:A8W3o8S1…

元警察だけどアホな事件、犯人で打線組んだ

1 :名無しのこじまさん :2018/02/03(土)21:37:19 ID:l3I お前らが無能無…

一番理解不能な税金wwwwww

1 :名無しのこじまさん:2018/02/03(土) 14:55:45.00 ID:q99lQovE…

恐怖 闇が深い 閲覧注意

おもしろ

マジキチ 変人

PAGE TOP